車の変速システムの仕組み

クルマには必ず変速システムが搭載されています。これは重い車体を効率的に動かすための工夫と言えます。通常、車のあらゆる部品はほとんど金属から作られています。このため非常に重量がかさんでしまいます。この重いボディを動かすためには非常に大きな力が必要です。


特に発進時は大きな力を必要とします。エンジンは、その回転数が高ければ高いほど大きな力を発生します。ですから最初はエンジンの出力軸に大きなギアを噛ませて大きな力を出すようにします。しかしそれでは低速しか出ません。さらに加速をつけるために、次にもう少し小さなギアに変える必要があります。そのギアで限界まで速度を高めたら、さらに小さいギアに変えてさらに加速します。このようにしてエンジンが持つ力を効率的にタイヤに伝えて走らせることになるのです。このギアの変更を手動でおこなうのがマニュアル・トランスミッションであり、自動的に変速するのがオートマチック・トランスミッションなのです。一般的にマニュアル・トランスミッションの方が構造がシンプルで軽量ですし、駆動力のロスも少ないので燃費も良好です。しかし近年の技術開発によってオートマチック・トランスミッションも小型軽量化と燃費の向上が図られてきています。車によってもいろいろと異なってくるので新車を買う際にはこのホームページもご覧ください。