ATの特徴と種類

今やほとんどの車のトランスミッション(変速)がオートマチックトランスミッション(AT)に置き換わってしまいました。AT限定の免許も登場し、MT車を見かけることも少なくなりました。ATが当たり前と思っている方もいらっしゃると思います。


ATの特徴は何といってもMT車の運転には絶対的に必要であったクラッチ操作が必要なくなったということです。運転席の足元にあるペダルは縦長のアクセルペダルと横長のブレーキペダルしかありません。わずらわしいクラッチ操作から解放されたドライバーは、加速したい時はアクセルを、停止したい時はブレーキを踏めばよいだけになったのです。通常のATはトルクコンバーターという装置によってエンジンの力を車輪に伝達します。トルクコンバーターの中には向き合った二つの円盤と非常に粘性の高いATオイルが封入されています。二つの円盤は完全に接しているわけではなく、その間をオイルが満たしています。このためエネルギーの伝達にややロスがあるのです。こうしたエネルギーロスを解消するために開発されたのがスチールベルトとプーリーを利用したCVT(無段階変速機)とよばれる機構です。これによって飛躍的に燃費の向上が図られました。

コメントは受け付けていません。