ドライブシャフトとは

ドライブシャフトとはFF車のエンジンからタイヤへ動力を伝えているシャフトで、FR車のプロペラシャフトなどと似たような役割のものです。FF車や4WDの場合には操舵輪でありハンドルを切る事のできる前輪に、動力を伝えなければならないので、FR車とは違い特殊なジョイント、等速ジョイントを持つ構造になるのが特徴です。


つまり走行中は常時回転しているシャフトが途中で抵抗なく曲がる構造を持っていなければならないのです。しかもサスペンションの動きなどよりはるかに大きく大きな角度で曲がる必要があります。この為にそのジョイント部分の耐久性が問題になります。現在の車ではかなり耐久性も向上していて樹脂製のジャバラ部分も10万km以上無交換で利用できる場合も多くなっています。しかしFF車ではよく痛んでいる場所でもあり、車検時に交換する場合も良くあります。この際ジョイント部分から異音が出ていなければ、ジャバラ部分を交換し、グリスを詰めなおすだけ済みますが、バキバキ言うような異音が生じている場合はシャフトごと交換となり整備に費用のかさむところでもあります。普段から点検して損傷を見つけたら早めに補修しておくことがおすすめです。

コメントは受け付けていません。