無段変速機(CVT)って

AT車の一つのバリエーションとして数えられるものに、無段変速機(CVT)と呼ばれるものがあります。ATにせよ、MTにせよ、これらは基本的にはギアを介しての変速となりますから、変速は段階ごとに行われます。CVTはこれらとは基本的に機構が異なります。


すなわち、エンジン側と車輪側それぞれに円錐形のプーリーが備え付けられていて、この二つのプーリーが金属製の特殊なベルトで結合されています。アクセルの開度に応じてエンジン側と車輪側のプーリーがそれぞれに幅を変えることで、路面状況等に応じた最適な組み合わせが選択されていくというものです。原理的にはスクーターに用いられている変速機構と同じです。このためCVT車の場合にはスピードが上がっている場合でも、エンジン回転数が落ちていくという現象がたびたび見られます。無段階的に最適な変速値が得られますので、燃費の向上が期待できるというものです。これはエンジン側と車輪側がスチールベルトで直結していますから、厳密に言えばATではありません。むしろMTに近いというべきかもしれません。CVTは原理的にはクリープ現象が発生しませんが、現行のCVT車には人工的にクリープ現象を作り出しています。

コメントは受け付けていません。