プロペラシャフトとは

プロペラシャフトとは乗り物に使われる部品の一つで進行する方向と平行に設置された軸はエンジンの動力を軸が回転することで車輪に伝えます。走行中は非常に強いトルクを受けてしまうため、非常に丈夫な素材で作られた軸受を使って固定されています。トルクを受け止めるためには耐久力に秀でた材質のものをしようしなければならず、すなわち一般的には重い素材が使われています。燃費の性能向上を目指すため車体の軽量化が進む中、ベアリングにおいても例外ではなく、各自動車メーカーはもちろん、それらの枠組みを抜けて世界中で研究されています。最近では車体の軽量化と強度の維持を目的にカーボンファイバーを使ったものも出てきています。


シャフトには危険回転速度と呼ばれるものがあり、これは固定振動数と回転数が同期することにより、大きく振動してしまうことです。危険回転速度になることで負荷が非常に大きなものになり、破損してしまう危険性があるために、常用最高回転速度より高く設定されければなりません。自動車の場合この危険回転速度に到達しないためにおもりがシャフトに溶接されています。また、シャフトはその長さからたわみやすい形状でもあり、高速な回転が加わることにより静粛性を維持することが困難であり、最悪の場合破損する恐れもあります。自動車部品の中ではとてもシンプルな形状の部品ではあるものの、最も重要なパーツの一つといっても過言ではありません。

コメントは受け付けていません。